2023-01-21

マルク・シャガール「『エルサレム・ウィンドウ』より シメオン族」

シャガール エルサレム・ウィンドウ シメオン族

詳細

作家:マルク・シャガール

作品名:『エルサレム・ウィンドウ』より シメオン族

年代:1962年

技法:リトグラフ

イメージサイズ:29.4×21.5cm

額サイズ:47×37.7×2.5cm

サイン:無

プライス:お問い合わせください

作品について

ロシア出身・フランスで活躍し「色彩の魔術師」と称された巨匠・シャガールによる、リトグラフ作品です。

1959年、シャガールはイスラエルの首都・エルサレムに建つシナゴーグ(ユダヤ教会)のステンドグラス制作を依頼されました。

シャガール自身が深く信仰するユダヤ教の聖典「旧約聖書」に記された一節が出典で、アブラハムの孫ヤコブ(別名イスラエル)の12人の息子たちを祖とする12支族を題材としています。

神の光を象徴するステンドグラスの図柄にふさわしいように、美しい色彩と印象的な構図で描かれた12枚は、現在も実際に訪れて鑑賞することができます。

本作品は、パリの老舗・ムルロー工房にて、ステンドグラスの絵柄を元にして作られた版画集に収録されていたものです。

太陽が輝く大きな球体の周りを、ペガサスや鳥たちが舞い踊る、幻想的な絵柄です。

うっとりするほどに優美なシャガールの世界をお楽しみいただけます。

幅1.5cmの表面がゴールド、側面が白木の上質な額に入っております。

落ち着いた金箔仕上げなので、派手な印象にならずに現代のお部屋とも相性が良いと思います。

アーチ型のマットとシャガールのネームプレートが高級感を演出しています。

ご自宅のコレクションはもちろん、ギフトにもおすすめです。

オンラインショップ

関連記事