2022-08-10

マルク・シャガール「『エルサレム・ウィンドウ』より レビ族(下絵)」

シャガール エルサレム・ウィンドウ レビ族

詳細

年代:1962年

技法:リトグラフ

イメージサイズ:20×15cm

額サイズ:49.3×41.6×2.5cm

サイン:無

プライス:Sold Out

詳細

ロシア出身・フランスで活躍し「色彩の魔術師」と称された巨匠・シャガールによる、リトグラフ作品です。

1959年、シャガールはイスラエルの首都・エルサレムに建つシナゴーグ(ユダヤ教会)のステンドグラス制作を依頼されました。

シャガール自身が深く信仰するユダヤ教の聖典「旧約聖書」に記された一節が出典で、アブラハムの孫イサク(別名イスラエル)の12人の息子たちを祖とする12支族を題材としています。

神の光を象徴するステンドグラスの図柄にふさわしいように、美しい色彩と印象的な構図で描かれた12枚は、現在も実際に訪れて鑑賞することができます。

本作品は、パリの老舗・ムルロー工房にて、ステンドグラスの絵柄を元にして作られた版画集に収録されていたものです。

小さめサイズの下絵は、のびのびとしたシンプルな線描と、デザイン性に富んだ配色が大変魅力です。

幅4cm程のブラックの額に、黒いマットが合わせてあり、絵柄がぐっと際立っています。

高級感と気品漂う作品は、ご自宅のコレクションはもちろん、ギフトにもおすすめです。

関連記事