2022-07-25

キリスト像残欠 ロシアイコン

キリスト像残欠 ロシアイコン

詳細

年代:18-19世紀

技法:木に彩色

サイズ:22×17.5×2.3cm

プライス:Sold Out

作品について

18-19世紀ロシアで作られたアンティーク・イコンです。

イエス・キリストの顔部分のみが残り、他の部分は木地がむき出しになっています。

周囲の彩色の大部分は剥落していますが、わずかな痕跡から当時の全体像を想像させられる一点です。

日々の祈祷用として作られたイコンは、人々に顔以外の部分に触れられ、長い年月を経て現在のような状態に変化していったものと思われます。

キリストは端正な顔立ちをしており、描かれた当時から信仰者たちを優しく見守ってきたのだろうと感じます。

木材の反りを防ぐための桟が付けられた丁寧な作りです。

絵の具の剥がれや木の経年変化などが随所に見られますが、アンティークならではの素晴らしい味わいがあります。

裏面には虫食い跡が残っていますが、安心して飾っていただけるためのクリーニング処置をしております。

ご自宅のコレクションや店舗のディスプレイにいかがでしょうか。

関連記事