2022-10-05

大黒天

大黒天 骨董 木彫

詳細

種別:アンティーク

品名:大黒天

国:日本

年代:明治~大正時代

素材:けやき

サイズ:13.2×8×6.2cm

プライス:お問い合わせください

作品について

明治~大正時代に作られた、大黒様の木彫です。

七福神のひとりとして知られる大黒天。

その出自をさかのぼると、ヒンドゥー教の最高神シヴァの異名で、「破壊と創造の神」として憤怒の相を浮かべる姿が元来だったそうです。

後に仏法の道に入ると、シヴァ神のいくつかの特徴のうち、「食物と財福を司る神」の一面を強調して日本で広まっていきました。

こうして、頭巾を被り、左手に大袋、右手に打出の小槌を携え、米俵を踏まえる定番のスタイルが確立されていきました。

こちらの小さな木彫りの大黒様は、「戦闘を司る神」の側面も併せ持つとは想像もできないほど、愛嬌のある柔和な表情です。

にっこり微笑むお顔を拝むと、なんだかご利益がありそう。

100年以上の時を経た年季が、黒色の木の随所に現れています。

表面の剥落や木材の傷などのダメージが見られますが、古いものならではの味わいとしてお楽しみください。

アート・アンティークのコレクションや、空間ディスプレイにいかがでしょうか。

オンラインショップ

関連記事