2022-07-07

内野隆文「ねこ」

内野隆文 ねこ

詳細

年代:202年

技法:紙粘土にアクリル(ニス仕上げ)

サイズ:8.5×6×6.5cm

サイン:有

プライス:お問い合わせください

作品について

紙粘土をこねてはつぶし、かたちを作っては壊し。

覚えていられないくらいたくさんの色を重ねて。

ひたすらに作業を繰り返し、ようやく白い釉薬で焼いた重々しい焼き物のような質感の一匹が現れました。

薄目を開けて微笑を湛え鎮座する姿は、どことなくシュールな仏像のような雰囲気を漂わせています。

絵画を中心に制作する内野隆文が、通常ではほとんど手掛けることのないレアな立体作品です。

表面はニスによる光沢仕上げになっています。

棚やデスクなどに置いてディスプレイしていただけます。

底面は安定しているので、転がりの心配はありません。

オンラインショップ

関連記事